コントロールカラーを上手に使ってファンデの仕上がりアップ♡

こんにちはメイクアップアーティストであり
婚活トータルビューティープロデューサーのALISAです。

今回の動画はコントロールカラーです。
皆さん使われたことはありますか?
コントロールカラーを使わなくても
ベースはある程度綺麗に完成するんですが、
コントロールカラーを使ってあらかじめ肌の色むらやトラブルの色をカバーしておくとファンデーションの仕上がりがより綺麗に発色します。
コントロールカラーは
お肌の色むらがある人や、くすみ、赤みなどの色トラブルを広範囲にナチュラルに
補正することができます。
最近だと
色付きの下地も沢山あります。
色付きに下地もコントロールカラー効果があるアイテムなので上手に取り入れてみてください。

コンシーラーと違い軽いので
誰でも簡単に使えるアイテムですが
悩み別に色を間違えないように使い分ける必要があります。

色相環というものがあるんですが。
補正したい色の反対色を組み合わせると悩みの色を
打ち消すことができます。


★乾燥くすみ、青っぽく顔色が悪い人には=イエロー
★赤みがある人、ニキビ跡=グリーン
★青いクマ、茶系のくすみ、たるみやシワの影=オレンジ
★黄色いくすみ、毛穴が目立つ人=パープル肌全体に透明感が出ます、 
★赤みがない暗い肌の人、血色が欲しい人=ピンクを足すと血色感がプラスます。

コントロールカラーはファンデの直前に塗ります。
顔色が全体的に気になる場合などは全体用を使いましょう。
(下地の効果があり薄付きのものが多いので下地として全体に塗る)
最後スポンジでムラを取る。


悩みが複数色ある場合は部分でカラーを使い分け
(テクスチャーが固く発色が良いものが多い
下地を塗ってから部分でカバーしてファンデを重ねる)
気になる箇所に少しづつ重ねる

いつもより透明感が出てファンデの仕上がりがぐっと良くなります♪
是非コントロールカラーのアイテムを取り入れてみてください♪

動画で塗り方見れます↓

youtu.be