読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眉毛は実は簡単?モテバランスを知っていれば怖くない♡

こんにちわ!
メイクアップアーティストのAlisaです。

突然ですが…あなた、その眉毛に自信ありますか?
街中を歩いていると職業病で、
ついつい人のメイクを見てしまう…
そんな人間観察でやっぱり眉毛が残念な人が多い…

・眉毛描きました!!と言わんばかりに主張が強い眉
・細すぎ、太すぎ
・不自然な角度
・似合ってない眉毛

眉毛をちょっと変えたらもっと可愛くなるのにな…


可愛くなるために
メイクをしているのに
マイナスになっていたらやる意味がない!!

ということで
今回は超基本のモテバランスの
アイブロウメイクをお教えします。

眉毛はモテバランスも大事ですが元のある毛を活かして描いていくことも
大事です。
まず、まっすぐ鏡を持ち正面から眉毛全体を写します。
スクリューブラシで毛流れを整えます。

<ALISAメソッド>
①お顔の横幅と顎先から眉山までの長さが同じだとモテバランスです。
これに少しでも近づくように、眉山の高さを決めます。
高さが決まったら、、眉山の位置ですが黒目の端から目尻の間までにおさめます。
まずこの位置を決め点で目印をつけておきます。(お顔の横幅より縦幅が長い人は、お顔全体のバランスを見て、眉山を気持ち低くしましょう!)

 

f:id:pbm-alisa:20160620115105j:plain

②眉尻の位置を決めます。眉尻は小鼻と白目の終わりを結んだ延長線上より内側で終わるようにして、高さは眉頭よりも下げないのがモテバランスです。
目尻の位置が決まったら点で目印をつけておきます。

 

f:id:pbm-alisa:20160620115130j:plain

③先ほどの眉山と眉尻、この2つの目印を頼りに眉山から眉尻までをなだらかに繋げます。アイブロウペンシルで足りない部分の毛を1本1本足していく気持ちで描いていきましょう。

④眉頭の位置は目頭の延長線上と鼻筋の延長線上が交わる所がモテバランスです。眉頭の先端はアイブロウペンシルで書くと浮いて不自然になるのであとでパウダーを使うので
あまり、書き足さなくてもいいです。

f:id:pbm-alisa:20160620115151j:plain

 

⑤自然に馴染むようにスクリューブラシでボカしていきます。
⑥眉頭の先端をパウダーを使い自然にふんわりと色をのせます。
そして、眉頭から眉尻に向かって淡いブラウンから濃いブラウンにすることで立体感が出ます。
パウダーの色選びも、髪色と同じ、もしくはワントーン明るい色を選ぶことで眉毛だけ不自然に浮くことはないです。

⑦自然な眉毛に近づけるため、スクリューブラシで輪郭をぼかします。
自然な眉毛に近づく、ひと手間です。

⑧次はアイブロウマスカラで眉毛を髪色と同じ色にします。毛流れとは逆方向から毛を立たせるイメージで付けていきます。今度は毛流れ方向に力をいれず滑らすように整えます。その後スクリューブラシで整え
モテ眉毛の完成です。

もう一つモテバランスに近づくために
目を開けた状態でまぶたの縦幅が目の縦幅1個分より広い人は
目幅1個分に近づくように眉毛全体的に下げると可愛くなりますよ~♡

f:id:pbm-alisa:20160620115223j:plain


今回はあなたに似合う基本のアイブロウメイクでしたが
モテバランスをしっかりおさえて
応用でなりたいイメージの形にして下さいね!!

アイブロウメイクはメイクの中で一番難しい…ですが、
眉毛が上手にかければ比例して美人度が上がるので練習してマスターしましょうね♡

 

↓動画わかりやすいですよ♡↓
↓チャンネル登録はこちらから↓