簡単にモテさせます♡モテバランス(黄金バランス)顔の幅

メイクアップアーティストのAlisaです。
今回はメイクはモテバランス(黄金バランス)お顔の横幅についてです!

何度も言いますがこのバランスに近づければ近づくほど、あなたはモテます

では、そのバランスをお教えします。

目の横幅を1と考え、お顔の横幅は目の横幅、5倍の長さです。鏡を正面に持ちお顔が平面だと思って長さを図ってくださいね!

(例えば、目の幅3㎝であれば顔の横幅は15㎝がモテバランスです。15㎝以上の人ひとは横幅が広い人、15㎝以下の人は横幅が狭い人になります。)目の錯覚を利用すれば簡単に解決します。

 

f:id:pbm-alisa:20160602153512p:plain

↑この画像を見てください

わずかな差ですが、気持、左の長方形は横に大きく右は縦に大きく見えませんか?

でも、この長方形は全く同じ大きさです。この錯覚をチークを使って利用していきます。

 

横幅が広い人はチークを使い、縦のラインを作ります。縦のラインを作ることで横幅が広い印象を和らげます。

 

ALISAメソッド
 ①チークは頬骨のラインよりも角度をつけ、こめかみに向かっていれます。
 ※この時、鼻先よりも下の位置には、チークをのせないようにようにしましょう。

 ②ハイライトはチークの上の余白を埋めるように、縦長の逆二等辺三角形にいれていきます。

 

 ③フェイスライン(横)をシェーディング

 

 

横幅が狭い人は、チークとハイライトを使い横のラインを作り、横に長く見える印象をあたえます。

 

ALISAメソッド
①角度はあまりつけず小鼻の横あたりから、耳に向かってチークをいれます。

⑤ハイライトも一緒で横長に入れます。


え?これだけ?

はい、これだけです。今回も簡単…(笑)

しかーし、

簡単に可愛くなる分、反対におブスにも転びやすい。

流行のチークの入れ方や間違った入れ方をすることで

実は逆にあなたのコンプレックスを強調しているかもしれませんよ…

 

まずは、自分のお顔を把握して知ることが大事ですね♡

 

ちなみに、


頬骨が出て高い人が、頬骨に、チークをいれると余計目立たせます。 

ALISAメソッド

①チークは頬骨を避けた少し下の位置に入れます。

 

頬骨が低く平坦な人
ALISAメソッド

①頬骨にチークをいれることで立体的に見せます。
 

どのチークの入れ方が理想の顔の形になるのかいろいろ試して、あなたに合うチークの入れ方を見つけてくださいね。

↓動画わかりやすいです↓

www.youtube.com

こちらから↓チャンネル登録もお願いします♡

goo.gl